クラミジア感染により起こる肺炎でトラコーマクラミジアによる肺炎、肺炎クラミジアによる肺炎、オウム等から感染するオウム病クラミジアの3種類があります。高熱が出ていないのに咳がずっと続いている時は、もしかしたらクラミジア肺炎かもしれません…

クラミジア肺炎に気を付けよう

口内での感染も多いクラミジアとりん病

りん病とクラミジアは、日本でもよく知られている性病です。
りん病は、感染して数日たつと痛みが出てきて、尿道口から膿が出たり、尿道炎を起こすことがあります。
症状が軽いため、気付かないで放置してしまうケースも多いです。
りん病は、すべての年代の羅漢率で上昇傾向が見られています。
りん病の患者が増え続けている国は、先進国の中では日本だけだと言われています。
放置して治療が遅れた場合、前立腺炎や副こうがん炎、子宮外妊娠などの合併症を起こす危険があるので注意が必要です。
りん病の治療には抗生物質を服用することが多く、治療期間は数日から2週間ほどです。
りん病気が治ったと思い込み、途中で薬の服用を止めてしまう人もいますが、自己判断で服用を止めるのは危険です。
必ず医師の診断を受け、適切なアドバイスを貰うようにします。
最近では、口内での性交渉であるオーラルセックスを行う人が増えています。
そして、オーラルセックスが原因と見られる、性感染症の拡大が大きな問題となっています。
クラミジア性尿道炎も、口内、咽頭から感染するケースが増加しています。
オーラルセックスをしている人は、定期的な検査をして、早めに治療をすることで感染の拡大を防ぐことができます。
検査については、喉の奥を綿棒で拭って調べる方法と、口内のうがい液を検査する方法があります。
クラミジアも、りん病も、性器に感染した場合は比較的短時間で治ることが多いです。
しかし、咽頭クラミジアの場合は、性器への感染に比べると治療期間が長くなる傾向があります。
咽頭クラミジアによる咽頭炎症は、症状がほとんどないため、感染のリスクも高いです。
仕事でオーラルセックスをしている人や、不特定多数の人間とオーラルセックスをしている人は、常に感染のリスクを頭に入れておく必要があります。