クラミジア感染により起こる肺炎でトラコーマクラミジアによる肺炎、肺炎クラミジアによる肺炎、オウム等から感染するオウム病クラミジアの3種類があります。高熱が出ていないのに咳がずっと続いている時は、もしかしたらクラミジア肺炎かもしれません…

クラミジア肺炎に気を付けよう

クラミジアの症状とアルコール性認知症の施設について

アルコール性認知症は一般的にはアルコール依存症が長く続くことで起きるとされていて、基本的には薬物依存症の一種なので施設を探す場合には通常の介護施設ではなく、アルコール依存症などの精神疾患を専門としている病院施設などへの入所が必要となります。アルコール性認知症はお酒を飲み過ぎることで脳が萎縮してしまって感情を抑制することができなくなっているので、怒りっぽくなったり大声を出すことが多くなるので通常の介護施設では入所を断られることがあるので、アルコール性の認知症であることを事前に申請して受け入れ可能な施設を探すことが重要です。クラミジアは女性に多い感染症ですが、その理由としては女性の性器は粘膜の面積が大きいので感染する可能性が高まることや、子宮が内臓までつながっていることでクラミジアが深くまで侵入することで、尿による排出ができないことなどがあります。一般的には女性のクラミジアはほとんどが無症状なので20%程度しか症状が出ません。また症状が生理に似ているので病院を受診しないことが多いのも問題とされていて、自治体などではクラミジアによる感染を減らすために定期的な性病の検査を実施していますが、若い女性が中心なので自治体による取り組みが遅れているのが現状です。クラミジアは症状が進むと赤い発疹が顔の中心部分に出るので、そのことで異変に気がついて性病科などに受診することが多いのですが、重症化していなければ抗生物質を数回投与するだけで治療が完了するので、4回程度通院するだけで治療が終了します。しかしパートナーも感染していると再感染することがあるので、セックスの相手が特定されている場合は二人で受診する必要があります。