クラミジア感染により起こる肺炎でトラコーマクラミジアによる肺炎、肺炎クラミジアによる肺炎、オウム等から感染するオウム病クラミジアの3種類があります。高熱が出ていないのに咳がずっと続いている時は、もしかしたらクラミジア肺炎かもしれません…

クラミジア肺炎に気を付けよう

性器クラミジアの心配な方は新宿クリニックで検査

性感染症の中でも、患者数が非常に多いのが性器クラミジア感染症です。
特に、10代、20代という若い世代の感染者が増えています。
クラミジアは、生殖器や泌尿器以外に、喉や目にも感性することがあります。
オーラルセックスをする人の数が増えた結果、喉に感染するケースも多くなっています。
女性が性器クラミジア感染症にかかると、不妊の心配も出てきます。
また、母親がクラミジアに感染した場合、出産の際に新生児が感染し、結膜炎や肺炎を起こすケースもあります。
性器クラミジア感染症は、自覚症状がない場合が多いため、妊娠の検診で発見されることも多いのです。
性感染症の患者の増加に伴い、性感染症の検査を受けることができるクリニックも増えています。
自分やパートナーに性器クラミジア感染症の心配がある場合は、新宿クリニックで性感染症の検査を受けることができます。
新宿クリニックでは、保険証を提示する必要がないため、匿名で検査を受け、検査結果報告書を発行してもらうことが可能です。
検査結果は、携帯電話やインターネットでも確認できるので、非常に便利です。
恥ずかしくてなかなか性感染症の検査を受けることができなかった人でも、プライバシーが守られた環境で検査を受け、提携クリニックで治療を受けることができるのです。
また、新宿クリニックでは、心配や不安を抱えてクリニックに来る女性に配慮し、女性医師が相談に応じてくれます。
検査料金については、新宿クリニックのホームページに検査料金表が掲載されています。
検査について不安な点や不明な点がある場合は、無料相談を利用することができます。
性感染症は、早く発見して治療すれば、症状の悪化を防ぐことができます。
少しでもおかしいと疑問を感じたら、すぐに医師の診断を受けることが大事なのです。