クラミジア肺炎に気を付けよう

クラミジア感染により起こる肺炎でトラコーマクラミジアによる肺炎、肺炎クラミジアによる肺炎、オウム等から感染するオウム病クラミジアの3種類があります。高熱が出ていないのに咳がずっと続いている時は、もしかしたらクラミジア肺炎かもしれません…

クラミジア肺炎に気を付けよう

クラミジア肺炎の感染経路

クラミジアというと、性感染症を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、肺炎を引き起こすこともあります。とりわけ高齢者に多く、幼児や小中学生にも感染が起こりやすい病気です。感染力は決して強くはありませんが、成人でも一時的に体力や免疫力が低下すると感染してしまうので、日頃から健康管理に注意する必要があります。
クラミジア肺炎は、飛沫感染するのが特徴です。咳やつば、鼻水などによって感染してしまいます。発症するのに3~4週間かかるため、自分でも気づかぬうちに感染を広げている可能性があります。そのため、患者に密接に接触する家族間や、学校や高齢者施設などでゆっくりと感染が広がっていくことがあります。クラミジア肺炎が引き起こされると、乾いた咳が1ヶ月以上続くこともあり、のどの痛みや鼻水鼻づまりといったかぜのような症状から、38度程度の熱が出ることもあります。こういった症状が軽く、自覚症状がないまま何の治療もなしに完治してしまう場合もあるのですが、肺や気管に疾患を持っている人にとっては持病を悪化させてしまう危険性があるため注意が必要です。また、蓄膿症を引き起こす原因になったり、発熱によって頭痛が起こることもあります。
予防法としては、他の飛沫感染をする病気と同じくマスクをしたり、他人に向けて咳やくしゃみをしないことです。また、手洗い、うがいなどを徹底することも大切です。かぜなどと同じく、体調がすぐれないと感染しやすくなりますから、食事内容や睡眠をしっかりとることをことを心掛けましょう。
抗生物質による投薬治療によって、ほぼ重症化することなく治すことができます。しかし、肺炎クラミジアの繁殖力は強力なので、症状が治まったからといって自己判断で服用を止めることはせず、必ず医師が指示した期間は飲み続けるようにしましょう。

<性病治療成分情報>
アジスロマイシンの効果

<性病治療薬情報>
ジスロマック 通販

<早期発見が重要です>
クラミジアの検査キットが発売しました